MCSのグループホームの特長

MCSのグループホーム「愛の家」 ~愛がある家・愛であふれる家~

当社のビジョンを実現する上で、その中核を担っているのがグループホーム「愛の家」の存在です。事業の中心であると同時に、ここを舞台に人を介して日々繰り広げられる様々な活動や経験こそが、当社の企業価値向上の礎となっています。

image1

グループホームでは、認知症の方が1ユニット9人の少人数で生活をしています。

image2

集団生活ではありますが、プライベートな時間や好み、家族や友人とのつながりを大切にし、認知症を患っていても、いつまでも個人を尊重した時間を過ごすことができるのがグループホームの特長です。
当社が運営するグループホームは、「愛の家」という名称で親しまれており、介護福祉士や看護師、ケアマネージャー、ホームヘルパー等の有資格者をはじめ、ケアスタッフ・事務スタッフ・調理スタッフなどが一丸となってより良いケアに日々努めています。

「愛の家」には認知症ケアの専門家がいます。

image3

「愛の家」では、大規模な老人ホームとは違い、ご入居者様一人ひとりに寄り添った介護を提供しています。
認知症ケア専門の介護スタッフがいることで、家族のような環境をつくることが可能となります。
また、他のご入居者様やスタッフと顔なじみになり、個人の尊厳が軽視されがちな集団生活とは違う“安心できる場所”を提供しています。

自分でできることはなるべく自分で! 認知症への効果も明らかになっています。

image4

「愛の家」では、自分でできることはなるべく自分でしていただきます。
ご自身のことはもちろん、ホームのお掃除などを皆さんで手分けしていただくこともあります。
一人ひとりの人生に必要な「居場所」であること。それが、何よりのケアになると私たちは考えています。

グループホームの日常

MCSのグループホームには、きっちりと決められたタイムスケジュールがあるわけではありません。皆さんがご自分の意志でのびやかに過ごしていただけるよう配慮しています。ここは「家」であり、画一的な時間割を重視した「施設」ではありません。もちろん起床時間も特に決めてはいません。食事は3回の健康的な食事に、お茶の時間。自由時間には、ふつうの生活と同じようにお掃除やお洗濯をしたり、お散歩や買い物、ゲームなどのレクリエーションをお楽しみいただいています。お風呂も希望に合わせて入り、さっぱりと。そして眠る前のひとときはリビングでのんびり。21時を過ぎると、ほとんどの方がお部屋に戻られ、読書などのプライベートタイムを過ごしてからお休みになっています。

ご入居者様の居心地重視の空間づくり

MCSのグループホームでは、ご入居者様が日常生活の中でリハビリを実施し、一人ひとりの自立支援を促すケアを原点としています。ふつうの生活をお送りいただくために、お部屋内に使い慣れた家具や普段使いの物を自由にお持ち込みいただくことができます。また、お部屋の日照や防音・空調環境の整備、安心設計のシステムバス、明るく開放的な食堂、皆さんで楽しくお料理できるキッチン、段差のないフラットな廊下など、安心の暮らしを支える各種設備にも十分配慮しています。

お部屋と空間

自立を促す彩り豊かな「家庭の味」

MCSのグループホームでは、専門の栄養士・調理師が栄養学的な配慮をしながら、ご入居者様一人ひとりの体調に合わせ、スタッフが手作りで調理を行っています。時には、献立・レシピを作成し、ご入居者様と一緒に料理を作ることもあります。効率重視の大規模施設では味わうことのできない我が家にいる様な「食」の楽しみと安全をご提供しています。

調理と食

充実のレクリエーション

お花見や盆踊り、クリスマス会、マジックショーやミニコンサート、旅行や外食など楽しい行事を通して、地域の人々と触れ合う機会を積極的に提供しています。輝くような思い出づくりのために、ご入居者様とスタッフが一緒になってアイデア溢れる催し物を企画することもあります。

レクリエーション