小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護では、「通い」「宿泊」「訪問」といった各サービスの内容は細かく定められてはいません。一人ひとりの暮らしが異なるように、支援の内容も異なります。

現在の制度では、「通い」を中心に生活を支える仕組みになっています。生活や暮らし全体を通しての流れの中で困っていることは何か、自宅での暮らしを成り立たせるために必要なことは何かを見極め、柔軟に支援していきます。

要支援2か要介護1~5の介護認定が必要です

介護保険制度を利用してのサービスとなります。そのため、利用される方の負担額は原則1割の負担となります。
グループホームをご利用の間は、他の介護保険サービスを原則利用することはできません。

要支援2の方の入居は介護予防の届出を提出している事業所のみが入居可能となります。
愛の家は全ての事業所が利用可能となっております。

介護認定の申請前の方や申請中の方につきましては、愛の家までお気軽にご相談下さい。
担当者が丁寧に対応・解決させて頂きます。

入居前の本人の住所所在地が事業所が存在する市町村と同じでなくてはなりません

2006年の介護保険改正後からグループホームは地域密着型サービスに位置付けられました。
高齢になっても、認知症になっても住み慣れた地域で生涯過ごすことを可能とすることを目的とした制度です。

身元引受人となる方々の所在地の関係で他市町村から移転してグループホームをお探しの方は愛の家にご相談下さい。
お困りの点を解決し、入居可能となるグループホームをご紹介致します。